This website uses cookies

This website uses cookies to improve user experience. By using our website you consent to all cookies in accordance with our Cookie Policy.

23.03.2022

材料の節減 – ホイールベアリングの 鍛造

Hatebur HOTmatic マシンの利 用により、より少ない材料投入量で、鍛造品における コスト節減のための最大限の可能性がもたらされます。 その上、コンポーネントの品質に変わりはありません。

[Translate to 日本語:]

今日、非常に様々な車両の軽量構造化が市場に定着 しています。さらに、材料費は完成品の費用の半分ほ どかかります。市場で競争力をもって提供できるよう に、またサステナビリティに関わる要件に適合してい くようにするため、Hatebur はシミュレーションソフト ウェア Forge を使用して適合する鍛造品を設計してい ます。完成品に応じて – near to net shape の工法で。

ここでは、ホイールベアリングの「フラッシュ」におけ る材料使用に、特に目を引くものがあります。この材 料の余剰分は鍛造産業でフラッシュと呼ばれており、ほとんどの場合は Hatebur-HOTmatic 内で鍛造品か ら分離され、別々に排出されます。非常に複雑な形 状の正しい充填と搬送を確実に行うため、鍛造におい てはフラッシュもまた必要とされています。ここでは、フラッシュを正確に、部品の最適なボリューム配分、金型負荷、搬送面に合わせて削減します。マシンキネ マティクスを利用することにより、それぞれの部品形状 に応じてフラッシュの搬送面さえ不要となり、直接部品 の胴の部分で搬送することが可能になります。さら に、さらなる軽量化を達成するため、鍛造品における 余分な材料と鍛造金型の抜き勾配を減らします。

皆様のマシンの潜在的能力を存分に活用してください – Hatebur の担当者にご相談ください!