This website uses cookies

This website uses cookies to improve user experience. By using our website you consent to all cookies in accordance with our Cookie Policy.

14.02.2022

HM 75 工場事前検収 (出荷前検査)– 大型マシンでもリモートで可能

Hatebur HOTmatic HM 75 XL 横型鍛造マシンの工場事前検収(出荷前検査)の ための準備がスイス・ブルックの組立工場で整って います。

[Translate to 日本語:]

私たちのマシンの工場事前検収(出荷前検査)は、 契約上、商業的な節目となる段階、すなわち支払い 条件およびマシンの納入に結び付いています。

パンデミックの前は、お客様はほとんどの場合は 現地で 1 ~ 2 日間の工場事前検収(出荷前検査) に加わり、納入範囲についてチェックリストを使用 して一緒に点検していました。最近では、工場事 前検収(出荷前検査)はお客様向けのオンライン によるライブセッションで行われたり、納入範囲を 写真に撮り、イラストを入れ、検収用チェックリス トに記録することが望まれたりします。そして、マ シンのテストランが撮 影されます。イラストなどの 入ったチェックリストは、その後、お客様に送られ ます。そして連署されたチェックリストが Hatebur に返送されると直ちに、マシン納入のための輸送 準備が開始されます。

私たちの工場事前検収(出荷前検査)は、大型マ シンか小型マシンかによって多少異なります。しか しながら、冷間フォーマーの場合にはサンプル部 品で試打を行うことが可能であり、それが普通でも あります。 大型マシンの場合、バー加熱システムお よび金型冷却システムがお客様のところで装備され るため、試打はできません。そのため、お客様に アイドルランと最大生産速度時のマシンをお見せし ます。

グローバルな電力網の電源周波数および電圧の違 いにより、マシンプロジェクトによっては、マシン の補助ドライブおよび周辺ドライブモーターが工場 事前検収(出荷前検査)用に – スイスの基準に沿っ て – 使用されます。発送の直前に、お客様別およ び国別に注文された電装系が装着され、お客様の ところで初めて稼働することになります。

Hatebur は皆様のマシンを世界中のあらゆる言語 域に納入しているので、マシン操作およびマシン 文書も各国の言語に翻訳されます。

金型テストさえも、小型の機種ではライナッハの Hatebur AG において行うことができます。

お客様の金型トレーニングは、パンデミック前は 工場事前検収(出荷前検査)と同時にスイスの Hatebur で行われていましたが、現在はオンライ ンで開催されています。これについて、私たちの 世界中のお客様 が Hatebur 社のフレキシビリティ を高く評価してくださり、オンライントレーニング からのメリットも確実に導き出されています。延期 されているオンライントレーニングの場合は、たと えば、前工程または 後工程での機械加工のすきま 時間など、双方が参加できる時に行われます。

メンテナンスおよびオペレータートレーニングは、問題なく、現地のお客様のところでマシンの据付 けに続いて試運転期間中に実施されます。そのよ うにして、たとえば工場事前検収(出荷前検査)やお客様トレーニングにおける費用対効果の高い 状況から、私たちのお客様のためのポジティブな 面が生まれます。チームの出張、宿泊、食事の ための追加費用がまったくかからないのですから。これは実に、地球温暖化 対策への貢献ともみなす ことができます。