金型の製作

最新のプロセスで高品質を再現

金型工場では実際の金型を構成する部品を製作します。量産することも可能です。高品質の金型の製作にも、旋盤加工、フライス加工、放電加工、研削および研磨等の一般的な工程が用いられます。非常に複雑な形状の金型の場合には、CAM システム経由で最新の多軸マシニングセンタで仕上げられます。また当社の熱処理部門において行われる熱処理も重要な役割を果たしています。


ライナッハ拠点で

事前準備

ライナッハで仕上げられた金型部品は金型一式として成形工程毎に組み付けられ、お客様に届けられます。それにより迅速かつ確実な調整が保証され、新製品を開発する際の効率を高めます。

上海拠点における

金型製作

上海の金型工場では、「スイス品質、メイド・イン・チャイナ」をキーワードに、最新の生産設備で量産用スペア金型が製作されています。Hotmatic 熱間フォーマー全機種用の要求水準の高い成形部品を、小規模から中規模の量産で効率的に生産しています。生産プロセス全体を自社工場内で最新の加工機械を使用して行うことにより、高品質と安定した再現性を確保できているのです。

ご不明な点がございますか?

ご不明な点がございますか?

当社にお問い合わせください。

私はデータ保護に関する注意事項を読んだ上で、同意したことをここに宣言します。