This website uses cookies

This website uses cookies to improve user experience. By using our website you consent to all cookies in accordance with our Cookie Policy.

24.10.2022

印象的なブルック組立工場 – AMP 50-9 および AMP 70 の組み立て

スイス・ブ ルックにある Hatebur の組立工場が拡大されました。そこで展開されている、目を見張る状況をご紹介します。エキスパートたちが 2 台の Hatebur HOTmatic マシン(AMP 50-9 および AMP 70)を組み立てています。組立が完了すると、両マシンはただちに 中国へ出荷されるのです。

[Translate to 中文:]

両マシンの構造の基盤として、ワンピース型のインパクトのある鋳鋼が寄与しています。それらの加工のために、Hatebur はそのような大型のワークピースについて詳しい専門の会社を呼ぶ必要がありました。

組立工場には、様々な技術的な鍛錬を積んだスペシャリストたちがいます。彼らは、後に最終組み立て用に使用されるコンポーネントや単体部品を組み立てています。初回運転の成功後、マシンでは包括的な最終点検が行われます。その後、輸送用の設備が準備され、梱包され、長い旅路へと送り出されます。

目的地であるお客様のところに到着すると、特定の場所で設備が再構成され、2 度目の運転が行われ、Hatebur によって製作された金型を使用してテストが行われます。そして引き続き、お客様と共に金型の最適化、従業員のトレーニング、量産の開始が行われます。
 

AMP 50-9 および AMP 70 のハイライト

  • 高いプロセス安定性
  • サーボインフィードおよび電子式バー材端部除去装置(ESA 600)による 
  • 最適な材料効率
  • 直観的な操作が可能
  • スムーズな排出により、打痕を減少
  • 効率的な冷却システム
  • 金型交換時間の短縮


精密鍛造部品の大量生産ですか?それには Hatebur HOTmatic シリーズの熱間フォーマーが最適な選択です。

これらのマシンは、精度と部品の多様性が圧倒的な生産速度と結び付いていることにより、多大なメリットを提供します。バー材から始まる生産プロセスは全自動で作動し、100 % モニターされています。それにより、ユーザーは次のような競争力を得られます。すなわち、製造コストを下げながら、効率とプロセス安定性の両方を向上させることができるのです。

熱間フォーマーのその他のディテールも説得力があります。たとえばバー材用のサーボインフィードおよび切断メカニズムは、完璧に相互補完されています。それにより生み出されるカットオフの品質は、後続の成形プロセスのための最適なベースとなります。さらに正確なトランスファーシステムにより、部品は優れた繰り返し精度で次へと送られ、正確に位置決めされます。その他にも、調整式グリッパーが様々な形状に対応した確実な搬送を保証します。また、鍛造部品をほとんど打痕のない状態で排出することが可能です。これは、この目的のために考案された成形部品側方排出機構によって行われます。この機構は、冷媒と鍛造部品の接触を著しく低減させてもいます。

これらのすべての技術的なディテールにより、高いプロセス安定性が確保されているのです。